ITスペシャリスト

スペシャリストインタビュー 詳細

想像できないから、わくわくした

愛澤さんはIT事業部の新卒エンジニア一期生として入社しましたが、アーバンフューネスに入社を決めた理由は何だったのですか?
端的に言うと、「楽しそうだから」「想像ができないから」ですね。実際に作ったシステムを使うプランナーさん、いわゆる僕らで言う”お客様”が社内にいるっていう状況がすごくいいなって。「これいいね」も「これじゃダメだよ」も、フィードバックがすぐもらえるのが楽しそうだなと思ったんです。普通のシステムの会社だったら、基本的にシステムを作るエンジニアと営業がいて、仕事の依頼やお客様からの声は営業やカスタマーサポートを通してで、直接やり取りすることはほぼないので、かなりレアだと思います。 運送会社がITシステム導入するって想像つくじゃないですか。でも葬儀社がITを導入するって想像できなかったんです。自分は何をするんだろうって。それがすごくわくわくしたんです。エンジニアという人種は、根底で言うと作れないものはないと思っているんです。時間と知識さえあれば何でも作れる、と。それであれば、より難しくて分からないものを組み解いていく方がやりがいありますよね。普通のルーチンワークはプログラムにやらせて、人間がすべき仕事に集中したほうがいいと思います。

新卒一年目だからこそ、
気負いして恐れちゃいけない

今はどんな仕事をされていますか?
今のポジションとしてはIT事業部の中の開発部隊にいます。元々入社前にインターンをさせてもらっていたときには、社内の顧客システムの細かい改修などをしていました。入社して新卒としての研修が終わってからは、社長とIT事業部の顧問から、「顧客と会社をライフタイムバリューの考えのもとでつなぎ、お客様の”困った”をここに来れば解決できる」そんなプラットフォームを作っています。
仕事の大変さと楽しさを教えてください
今の仕事の大変さは、レベル感が高いことです。それを新人に任せちゃっていいの?という、自分の身の丈に合ってないのではないかと思うようなことを任せてもらっています。知識としては知ってるけど、実際はやったことがないようなことをやっていく大変さというか。ですが、その大変さは新卒だからだと思っています。いまの一年だけだと思います。僕が失敗しても何しても許される期間って。逆に新卒だって知って任せてるんだから失敗はしてもかまわない。失敗しちゃいけないと気負いして恐れてちゃいけないなって感覚は常に持っています。だからこそ遠慮なくプランナーの部署の部長や役員なんかにも話しかけますし、そこで色々な話をできることが今の楽しさの一つです。

プログラミングの仕事は、「モザイクパズル」に近い

今後は何をしていきたいですか?
研修時代に同期全員でお互いの進捗やフィードバックを紙に書いて提出し確認しあっていたのですが、それを紙ベースではなく外出中でも操作できるようなシステムを作ったんです。ちょっと便利な機能や機械学習なんかも入れて。それが楽しくて。僕にとってプログラミングの仕事はモザイクパズルに近い感じなんです。飾ることを目的としている人もいれば、作ることを目的にしている人もいますが、僕は作る側。色んな人が困ってるって話を聞いている状態が、目の前にジグソーパズルが並んでいる状態です。その中で面白そうな絵を選んで、こんな絵かなと想像しながら手を動かしていくとどんどん形になって、成果が出るわけです。それで最後、出来上がるはずだった絵に近いものができたらすごくうれしい。自分が作りたいものだと飽きちゃうんですよね。でも他人の「困った」の方がやり遂げたいという気持ちが湧いてきます。そうした周りの人の困りごとを小さなことからでも解決し続けていきたいですね。