RECRUIT採用情報

FAQ
よくある質問

会社について
(勤務条件・福利厚生など)

  • アーバンフューネスの営業エリアは?

    東京・千葉・埼玉・神奈川の1都3県です。
    拠点は豊洲の本社、新木場のTOKYO studio、西葛西セレモニーホールの3ヵ所です。
    ご葬儀のご依頼をいただいて、豊洲本社からスタッフがうかがいます。

  • 普通自動車免許は必要ですか?

    エンディングプランナーは必須です。オートマチック限定免許も可です。
    運転に不慣れな方は、研修中に運転訓練をお願いしています。

  • 社員寮はありますか?

    ございません。
    しかし、やむを得ず帰宅できない時のために、男女別の宿泊設備を用意しております。
    夜間勤務者用の宿直室も別途ございます。

  • 住宅手当はありますか?

    住宅手当の支給はございません。

  • インターンシップ制度はありますか?

    大学のキャリアプラン育成の一環としてのインターンシップの受け入れはもちろん、一個人として当社で就業体験をしたいという学生さんの受け入れもしております。
    ご希望によりプランや期間をご相談させていただきます(学びたいことによりカスタマイズさせていただきます)。

    インターンシップはこちら

仕事について

  • 葬儀の月ペースはどのくらいですか?

    季節による増減は多少ありますが、現在は1ヵ月平均160件、エンディングプランナー1人あたり6~8件のご葬儀をお手伝いしております。

  • ひとつの葬儀の準備期間はどれくらいですか?

    平均してご逝去から1~2日前後で準備します(お通夜・告別式を含め4日前後です)。
    ご遺族様のご希望を第一に考え、式場・火葬場を予約して日程を決めます。
    故人様やご遺族のご状況によっては、ご葬儀までの日程を遅めにして、ご自宅で一緒に過ごす時間を長くする提案を当社からすることもあります。
    また、芸能人・著名人のお別れ会、社葬などの場合は、1ヵ月以上かけて準備をすることもあります。

  • 葬儀社で働くことについて、家族や友人の反応は?

    かつての内定者の中で、ご親族の反対にあい内定を辞退した方がいたことは事実です。
    一方、反対されていらしたご家族に説明資料をお渡しし、ご理解・応援していただき無事内定へと進んだケースもあります。
    しっかりとご相談・サポートさせていただきます。
    必要に応じ、人事や役員が親御さんと直接面談をさせていただくこともあります。

  • 残業はありますか?

    あります。
    ご葬儀というたった1度きりの大切なお別れをお手伝いする仕事ですので、定時で帰れるとは限りません。
    また、大切なご家族を亡くされて困っていらっしゃるお客様にとって、時間は大変貴重なものですので、たとえ18時以降であってもお会いし、打ち合わせをすることも少なくありません。

  • 宿直はありますか?

    男性スタッフが交代で宿直業務にあたっています。
    ただし、実際に事務所に泊まる「宿直」はスキルの高い社員のみです。
    自宅待機もできる「当番」は一般社員(男性)が交代で行っています。

  • 葬儀のときに泣いた経験はありますか? 泣いていいものですか?

    お客様との打ち合わせ・インタビューの最中につい涙があふれることもあります。故人様、ご遺族の想いを深く感じれば感じるほど、涙が出てしまうことも事実です。
    しかし、葬儀中は円滑に進行することに集中しているので、泣くことはありません。

  • ご遺体は怖くありませんか?

    全く何も感じないというスタッフは、ほとんどいないと思います。
    しかし、亡くなられた方はそのご遺族にとっては大切なご家族の一員です。
    私たちも、一人の人間だと思いながら、お手伝いさせていただきます。

  • 女性ならではの大変さはありますか?

    葬儀の現場では力仕事が多いので、男性スタッフが女性スタッフを助けることはあります。
    若い女性ということで不安を感じるお客様もいらっしゃいますが、コミュニケーションや仕事ぶりで安心していただけるよう心がけています。
    半面、女性だからこそ話しやすいとお客様に思っていただけることもありますので、メリットにもなり得ます。 また、結婚や出産の後も活躍している女性社員が数多くいます。