FUNERALエンディングプランナー

プランナーインタビュー 詳細

新卒一期生。プランナーから人事へ

現在の仕事内容を教えてください
主な仕事内容は、新卒採用です。インターンシップから始まり、説明会や面接の対応、内定者との関わりと通じて、学生と最も近い存在として、アーバンフューネスの良さや、お仕事に対しての思いを伝えています。
八幡さんは元々プランナーとして働いていたそうですね。
はい。2011年に新卒入社をして、エンディングプランナーの道がスタートしたのですが、元々サービスフロントで長く働こうとは思っていなかったんです。プランナーとして3年働き、今後のキャリアプランを考えたとき、「やっぱり私はアーバンフューネスが好き。転職はしたくない」と人事部へ異動することを決めました。なぜなら会社説明会などで学生さんにアーバンフューネスの魅力や仕事内容について話すことが、すごく楽しかったからです。

ひとりひとりの学生の人生と向き
合う仕事

プランナー時代の経験が役立っていると感じたことはありますか?
やはり、実際にプランナーを経験しているからこそ、その仕事の尊さや大変さがはっきりわかるし、学生たちに熱を持って語れると思っています。最も人事の仕事と繋がっているな、と感じるのは「ひとりひとりの人生と真剣に向き合う姿勢」です。プランナーにしても、人事にしても、形式的な説明やプランニングで、それなりの形にすることはできるかもしれない。でもそうではなく、「この人にとって最善の選択はなんだろう」と、真剣に向き合って考えること。ある意味おせっかいとも思えるような心がけかもしれませんが、アーバンの理念でもある「命が輝く世界をつくる」ことを目標に、毎日全力でぶつかっています。
採用担当として、どんな人と一緒に働きたいと思いますか?
アーバンフューネスで輝くために重要なことは、葬儀に対しての特別な思いよりもむしろ、「自分はこうありたい」というビジョンをしっかり持っていること、また、たとえ今定まっていなくても、そのような自分でありたい、生きる目的を探したいと思っていることだと思います。プランナーとしてデビューするまでには、多くの事務仕事や勉強をこなさなければなりません。そんな時、目標のために仕事のつながりを意識して、一つ一つの仕事を大事に努力できる人を応援し、ともに働いていきたいと考えています。
今後の目標を教えてください?
入社してからとにかくがむしゃらに働いてきましたが、これから何をしていきたいのかを考える時期にさしかかったなと感じています。結婚を経て、これからは家庭も仕事も両立させたい、どちらもないがしろにしたくないという思いが強くなりました。同時に、学生と関わることの多い自分は、学生たちにとって「アーバンの鏡」となっていることを忘れず、アーバンの理念を体現していけるよう、人間的にも成長していきたいと思っています。