FUNERALエンディングプランナー

プランナーインタビュー 詳細

「人の生きる力になりたい」

手塚さんは新卒2年目にして、既にプランナーとしてご活躍されつつも、後輩指導に携わっていますね。そもそもなぜ、アーバンに入社したのでしょうか?
私の場合は、働くことを通して、「人の生きる力になりたい」と思っていました。学生時代は、うつ病等の心の病気で悩む人を助けたいという想いからカウンセラーになろうと考えていました。ですが、自分が関わった人が亡くなる現実を先輩や先生から聞き、良くも悪くも「結局人って死ぬんだよな」と考えるようになったんです。「人の生きる力になりたい」という想いは残ったまま、「生きない選択」をした人にも貢献できる仕事をしたいと思っていたときに出会ったのが、亡くなられた方と残された方の両方に貢献できる葬儀業界でした。そして、何社か葬儀社のインターンに参加した際、他社がやらないレベルで徹底的にお客様に寄り添うアーバンフューネスと出会ったんです。例えば、ゴルフ好きだった故人様の為にサプライズで木製のゴルフクラブを用意していました。徹底的に寄り添う姿を見て、正直「自分にもできるのかな?」と不安もよぎりましたが、施行前MTG(葬儀内容の企画ミーティング)や施行前報告(葬儀内容の報告)を行う文化があることを知り、自分が成長できるイメージを持てたので入社を決意しました。
実際に働いてみて、やりたいことはできていますか?
はい。できていると思います。故人様に喜んでいただけるようなことをすれば、家族は喜んでくれるし、家族に喜んでいただけたら故人様も喜んでくれるだろうなと思ってます。だからこそ、故人様が喜んでくれることってなんだろう?ってよく考えてるんですよね。例えば、ご家族様と故人様が面会できる“お花入れの時間”に、故人様らしさをとことん盛り込んだことに対し、葬儀後にお客様から「あの時間のお蔭で生きる勇気が湧いた」なんていうフィードバックを頂けると、もう、心から嬉しいですね。葬儀のことを思い出した時に気持ちを強く持てるような、そんなお手伝いをしていると思っています。

毎回新しいご家族様と出会うからこそ、価値観が広がっていく

入社2年目になり先輩として指導をすることでの気づきはありますか?
気づきは、あげたらきりがありません。私は、いま入社二年目で後輩指導をするという機会を頂いていますが、メンターとして、はっきりと指摘しないといけない場面に遭遇します。そのたびに、私を育ててくれた先輩に対して、「あの時、言いにくかったんだろうなぁ」と、ありがたく感じますね。また、私が普通にやることに対して、「どのような意味が込められているのですか?」と聞かれることで、「そういえば意味があるな」と確認にもなるし、さらに、「確かに、自分も知らなかった」と、学ぶ機会になることが多いんです。日々、学ばせてもらっています。
プランナーの仕事をするなかで、どのように人間的な変化をしましたか?
プランナーという仕事を通して、私の中での考え方が変わってきています。元々結婚願望はあまりなかったのですが、長年大事な人と一緒に過ごしてきたお客様の姿を感じて、結婚っていいなと思うようになったり、また、難しい家庭問題に遭遇しても表面的なことを否定せず、その背景には何があるんだろうかと考えられるようになりました。毎回新しいご家族様と出会うからこそ、自分が知らない世界と出会い、自分の価値観が広がってますね。
最後にどんな人を目指していますか?
私の将来の夢は、“かわいいおばあちゃん”になることです。白髪のかわいいおばあちゃんになって、老後は縁側で日本茶を飲みながらのほほんとできれば、幸せです(笑)私にとって、かわいいおばあちゃんとは、やりたいことをやって人生を充実させている人なんですよね。では、いまのところのやりたいことが何かというと、「お客様と直接関わり続けること」です。人の生きる力になりたいという気持ちは、どんな役割を任せられたとしても持ち続けたいと思っています。