FUNERALエンディングプランナー

女優・淡路恵子さんの
最期の願い

「かっこいいお葬式にしてほしい」
女優・淡路恵子さんの最期の願い

淡路さんらしさが伝わるお姿でお迎え。

昭和を代表する女優・淡路恵子さん。会場で最も目を引く、大スクリーンに映し出されたご遺影は、足を組んでポーズを決めるポートレート。その傍らにはお花見がお好きだった淡路さんのために、ご長男の島英津夫さんが真冬の中、取り寄せた桜。

スクリーンには舞台で凛々しくお芝居をするお姿、著名人と楽しそうにお食事をするお姿、ご家族の幼少時代のお写真なども投影、いらっしゃった皆様に淡路さんがこれまで過ごされた時間を共にお過ごしいただきました。

愛するものに囲まれて

「淡路様がくつろげるご自宅」を再現するため、祭壇には淡路さんが愛されたお着物やコニャック、受賞されたトロフィーを。その中には淡路さんの功績を語る、日本アカデミー賞・優秀助演女優賞のものも。

最期にお棺の中へは、ご趣味だった「ドラゴンクエスト」のソフトやグッズ、そしてお通夜当日に偶然見つかった最愛の夫・故萬屋錦之介さんのスーツも手向け、淡路さんの愛するものとご一緒にお休みいただきました。

天国に贈る賛美の歌

告別式では、ジャズシンガーの綾戸智恵さんが「いつも私の風よけになってくれて、ありがとうございました」と弔辞を述べられ、アカペラで「アメイジング・グレイス」を歌い上げられました。

NHKの時代劇で親子を演じた高橋英樹さんは「数々の作品で勉強させてもらいました。たばこを吸う姿は日本一。お酒を飲む姿も美しかった」と語りかけられました。

「私のことをどうぞ忘れないで」

出棺では、「コーちゃん(越路吹雪さんの愛称)の曲を流して」という淡路恵子さんの遺志を汲んで、故越路吹雪さんが歌う「ラストダンスは私に」を。

「いつでも私がここに居ることだけ、どうぞ忘れないで」

故越路さんが旅立たれたとき、淡路さんはメイクを施して見送られた仲。今度は淡路さんがご親友の歌声に導かれて旅立たれました。

内容とお写真は、ご家族・会社様のご了承を得て掲載させていただいております。